夫を外食に連れ出しご馳走してもらう方法

夫を外食に連れ出しご馳走してもらう方法

家庭の主婦は、毎日家族のために料理を作っていますよね。当たり前のことですし、不満を感じることもないでしょう。しかし、週に一回くらいは誰か他の人が作ってくれたご飯を食べたいな、と感じることもありますよね。その方法の一つが外食です。しかし、外食がちになっては家計を逼迫しますし、栄養的にも不安があるかもしれません。だからこそ、たまの外食が嬉しいもの。ここでは、夫を外食に連れ出しご馳走してもらう方法をご紹介します。

 

夫は外食に乗り気ではない!

夫を外食に連れ出しご馳走してもらう方法

世の中の夫は外食に乗り気じゃないことが多いでしょう。なぜなら、休日は家でのんびりしたいと感じているからです。そして妻の手作り料理を楽しみにしています。仕事で忙しい夫なら家族との団欒の時間が食事の時間。そのため、外食にはあまり気乗りしていないかもしれません。

 

しかし、妻の言い分は違います。たまの休日くらいは誰かにご飯を作ってもらいたいもの。休日だからこそ、妻は平日よりも忙しい時間を過ごしています。食事まで準備するのは平日以上の労力です。外食でなくてもいいのです。出前を取ってもお惣菜を食べるでも構いません。誰か他の人が作ってくれた料理を「美味しいね」と食べたいと感じていることでしょう。

 

妻が定期的に外食をしたい理由

夫を外食に連れ出しご馳走してもらう方法

どうして家庭の主婦は外食をしたがるのでしょうか。それは、夕方からの忙しい時間帯が毎日続くと夜まで疲れが取れないからです。休日には出かけることもあり、さらに疲れが蓄積されます。外出から戻った後にすぐさまキッチンに立つのは疲れてしまうためできれば避けたい行動です。作るだけならまだしも、家族全員分の食器の片付けは夜まで残ってしまいます。

 

平日は夫は仕事に行き、子どもがいたとしても学校などに行くため時間に余裕があります。しかし、休日は主婦にとっては休息の時間がありません。一日中働きづめです。子どもが赤ちゃんだったとしても平日は赤ちゃんと昼寝の時間があるでしょう。働くママならなおさら、休日は休みたいと感じるはずですよね。これらが主婦が外食をしたい理由です。

 

普段は完璧な料理を振る舞うこと

夫を外食に連れ出しご馳走してもらう方法

夫を外食に連れ出しご馳走してもらう方法
休日に夫を外食に誘い出すには、普段はしっかりと家庭料理を振舞う必要があります。普段からサボっていては、外食の理由がなくなるからです。「たまには誰かが作った料理を食べたいな」と言ったところで、「いつも自分で作ってないだろう?」となってしまっては意味がありません。普段は完璧な料理を振舞ってこそ、休日の外食に夫は付き合ってくれます。そして連れ出す口実にもなるものです。

 

主婦へのご褒美は外食

夫を外食に連れ出しご馳走してもらう方法

主婦へのご褒美ははっきりいって外食ですよね。家事の中でも面倒で時間がかかるのがお料理です。しかし、料理が嫌いな主婦は比較的に少ないといえるでしょう。家族の健康を考えてメニューを考えるのは楽しいはずです。それでも主婦が外食をしたいのは、自分へのご褒美になりやすからです。新しい洋服を買うには罪悪感が湧きますが、家族での食事であれば、みんなが楽しめ、家族みんなが喜べるから。自分1人だけの喜びや、散財にはならないのです。主婦へのご褒美は外食に尽きますよね。美味しいものが食べられて、面倒な家事が免除されるわけですから。

 

夫にご馳走してもらうには夫にお小遣いを渡しておくべき

夫を外食に連れ出しご馳走してもらう方法

夫を外食に連れ出しご馳走してもらう方法
上手に夫を外食に連れ出すことに成功しても、普段から夫にお小遣いを渡していなければご馳走してもらうことまでは期待ができません。お金は自分で出すというなら問題ありませんが、夫にご馳走してもらいたいなら、外食費を普段からお小遣いに上乗せしておきましょう。もしくは、お金の管理は夫にお任せしておくべきです。

 

テレビや雑誌などを夫に見せる

夫を外食に連れ出しご馳走してもらう方法

では夫を外食に誘い出すには、どうすればいいのでしょうか。夫だっておしゃれなレストランや、美味しい食事に憧れないはずがありません。そのため、夫を乗せるには、行きやすい立地にある、レストランを魅力的に見せる必要があります。テレビに映っていたなら録画して、「ここに行きたいなと思ったの」と見せてみたり、雑誌に載っているなら「ここに行ってみない?」などと甘えてみるのです。娘がいるなら女の子を使うのも一つの手段。パパは娘に甘いものです。愛娘からのおねだりならきっと「行こうか」と気乗りしてくれるのではないでしょうか。

 

そして、肝心なのは、この段階で「ご馳走してほしい」という意思をはっきりと伝えることです。いざ、外食しても夫が会計時に逃げ出してしまっては元も子もありません。「このレストランに連れて行って欲しいの。ご馳走してくれる?」と甘えてしまえば夫も「いやだ」とは言わないでしょう。もしも、夫がためらったなら、「お小遣いの後でもいいから」と強引に外食とご馳走になることを約束させてしまってください。

 

予約は主婦の仕事

夫を外食に連れ出しご馳走してもらう方法

夫がその気になってくれたなら、気持ちが変わらないうちに素早く予約してしまいましょう。予約してしまえば当日気乗りしなかったとしても行くしかありません。しかし、面倒な予約は夫はしたがらないでしょう。予約の手はずまでは外食をしたい妻が請け負うべき仕事です。

 

まとめ

夫を外食に連れ出しご馳走してもらう方法

いかがでしたか?たまには外食したいという主婦の願いはそう難しくはありません。問題は外食に出不精な夫を連れ出すことと、自分へのご褒美にしたいので、ご馳走してもらうことです。その二つさえクリアできれば家族の外食は成立します。できれば定期手にな外食にしたいですよね。理想は週一回程度ではないでしょうか。家族で外食を定常化するために上手に夫を乗せることが大切です。そのためにも普段は完璧な料理で夫の気を惹いておきましょう。