面倒な夫にご用心!面倒臭い夫の特徴と対処法5つ

面倒な夫にご用心!面倒臭い夫の特徴と対処法5つ

面倒な夫とはどういう夫のことでしょうか。実はあなたの夫も面倒臭い夫なのかもしれません。世の中の妻は夫をどんな瞬間に面倒だと感じているのか気になりますよね。もしも面倒だと感じている場合には、対処法も知りたいはず。ここでは、面倒臭い夫の特徴と対処法を5つご紹介していきます。参考にして、面倒な夫を上手に扱ってみましょう。

 

自分で頼めない

面倒な夫にご用心!面倒臭い夫の特徴と対処法5つ

自分で注文ができない夫は面倒ですよね。例えば、宅配ピザの電話がかけられない、美容院の予約が取れない、お寿司屋さんで自分でオーダーできないなどのこと。なんでも妻に言えば代理でやってくれる、と勘違いしています。そのくらいは自分でやってほしいと感じる妻はたくさんいることでしょう。

 

対処法

 

確かに面倒臭い夫ですが、自分でできないのですから、代理でやってあげても良いレベルです。おそらく1人でファミレスにも入れないタイプ。必要に迫られればきっと自分でもできるようになりますよ。あなたが代理で注文や予約の電話を入れたなら「ありがとうは?」などと夫に強要してみましょう。プライドの高い男性なら妻にお礼を述べるのが嫌で、次回からは自分でオーダーするようになるでしょう。

 

遠回しな言い方をする

面倒な夫にご用心!面倒臭い夫の特徴と対処法5つ

はっきり言えない夫も面倒臭いですよね。「今月飲み会多いな」とやたらと口にするのはおそらくお小遣いを無心したいから。しかし、夫は頼んでも断られるのが嫌で遠回しな言い方をします。「あ、ビールなくなっちゃった」などもそうです。持って来て欲しいなら「ビールとってきて」などと言えばいいだけ。しかし、世の中の夫ははっきり言わずに妻に気が付いて欲しがります。本当に面倒ですよね。

 

対処法

 

夫は妻に気がついてもらい、自ら頼んだわけではないと逃げ場所を確保したがっているだけです。そんな夫に対する対処法は、あなたが内心では気がついていても、気がつかないふりをする方法。そうすることで夫は最終的には言わざるをえないでしょう。鈍感な妻を演じるのは不本意かもしれません。しかし、面倒なことへの対処よりもマシではないでしょうか。繰り返すうちに、はっきり言わなければ通じないと感じてくれますよ。

 

すぐに拗ねる

面倒な夫にご用心!面倒臭い夫の特徴と対処法5つ

すぐに拗ねる夫も面倒な夫の代表格。少し妻に叱られたかくらいで、無言になるなどの特徴があるでしょう。いきなりキレられても困りますが、拗ねて機嫌が悪くなる夫の方が余計に面倒臭い夫ですよね。妻が謝ったり、機嫌をとるまでは治らないことでしょう。

 

→対処法

 

拗ねるのはまだ子どもだからです。この際夫を子どものように扱ってみましょう。子どもだと思ってしまえば腹も立たないかもしれません。「また、拗ねてるんでちゅか?」などと赤ちゃん言葉で応戦してしまえば、夫はあなたの機嫌がいいのだと勘違いしてくれます。夫が拗ねるのは、あなたが気分を害していると思い込んでいるからです。自分の気持ちを考えてくれないとも感じていることでしょう。

 

ですので、「どうちたいんでちゅか?」などと言って夫の心を探るふりをしておければ安心です。しかし、ふざけた態度をとることで、あなたが負けになることはないでしょう。あくまでも子ども扱いが有効です。しかし、正しい対処法は面倒でもご機嫌を取ってあげる方法。夫はあなたに機嫌をとって欲しがっています。そのくらいはしてあげても損はありません。

 

プライドが高い

面倒な夫にご用心!面倒臭い夫の特徴と対処法5つ

不必要にプライドの高い夫も困りもの。例えば、運転中に道を間違えただけで不機嫌になってしまうような夫のことです。道に間違えたのはただ単に夫が方向音痴なだけのはず。しかし、余計なプライドがあるため、自分にイライラして不機嫌になってしまいます。男性ですからある程度のプライドはあってほしいですよね。しかしそれは仕事に対してや、大黒柱としてのプライドであって欲しいと妻は思います。不必要なプライドは面倒なだけです。

 

対処法

 

この手のプライドの高い男性には、はっきり叱ることが大切です。「今道を間違えたのは誰のせいでもないよね?自分が悪いだけでしょ。八つ当たりはやめてください。」とはっきり指摘した方が効果があるでしょう。自分のちっぽけなプライドのためにイライラしながら家族を危険にさらすような乱暴な運転は控えてもらうべきです。

 

束縛をする

面倒な夫にご用心!面倒臭い夫の特徴と対処法5つ

すぐに妻を束縛する夫も面倒な夫だといえるでしょう。妻が友人とランチに行くだけでも「誰とどこに行くの?」などと監視されたら面倒だと感じるはず。夜飲みにいくのも許してくれない夫には憎しみすら芽生えることでしょう。お互いの自由を尊重できない夫は面倒臭いですよね。

 

対処法

 

夫が妻を束縛するのは自分に自信がないからです。嫉妬深い傾向もあるでしょう。そして、友人が少なくこれといった趣味もないかもしれません。興味の対象が妻にばかり向いてしまうのです。この手の夫には夢中になれる趣味や仲の良い友人を作ってあげれば解決します。妻が外出した方が嬉しいと感じられるように上手に仕向けてみましょう。1人では何もしたがらない夫なら最初は妻も一緒に趣味を初めてみてください。そうすることで、夫の興味の対象は妻から趣味などに移行していきます。束縛も少しは緩むのではないでしょうか。

 

まとめ

面倒な夫にご用心!面倒臭い夫の特徴と対処法5つ

面倒な夫には嫌気がさしてくるでしょう。しかし、面倒な夫は面倒な反面可愛い夫なのかもしれません。すべての面倒な事象を面倒臭いとばかり感じずに少しは受け入れる器の大きさも必要です。それでも、我慢ができない場合には、ご紹介した方法で対処してみてください。面倒な夫が少しは改善されるのではないでしょうか。